絶対にイケメンと婚活してやると思って始めた自衛隊ふれあいパーティ

%e3%83%90%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%80%ef%bc%88%e8%a3%85%e8%bc%aa%e5%bc%8f%ef%bc%89%ef%bc%88%e8%b7%af%e7%9b%a4%e6%95%b4%e5%82%99%e3%83%bb%e7%ac%ac%ef%bc%93%ef%bc%92%e6%99%aeタイトルの通り、婚活するならイケメンがいい!とずっと言い続けていた私の話をさせていただきます。
高校時代は最悪でした。母親の言いなりだった私は、母が行きたかったクリスチャン系の女子高に進学させられ恋愛禁止の高校3年間を強制的に送らされました。
そういっても友人たちは先生や親に内緒で男性との恋愛を楽しんでいました。私も楽しく高校生活を送らさせてもらったのですが、自分はイケメンが好きなことがネックでなかなか理想の男性に出会えませんでした。親も厳しかったせいで男性とは仲良くなるもののなかなかお付き合いまではいかず・・・友人たちをうらやましくおもうだけでした。
そんな毎日を変えたくて心機一転、地方大学に一人暮らしをして通うことに。親からの呪縛から解放された私は、同じ大学で一目ぼれした男性とそのまま同棲をはじめ、気づけばその後も付き合う男性と同棲を繰り返し、なんというか付き合って一緒に生活するトキメキと失望を22歳にして悟ってしまいました。
婚活しても同棲生活みたいなことの繰り返しなんだなと・・・。楽しいのは初めだけ、後は彼との変わらない日常が待っているのだと。
社会人になって私は、仕事を一生懸命頑張るあまり恋愛に対してはおっくうになってしまいました。付き合って夜更かしして電話したりするよりも、休日は気分転換をかねた飲み会や旅行にはまっていきました。いい出会いもあったのですが、お金を稼いでしまうとそのお金で好きなことをしたい欲求のほうが勝って、なかなかうまく男性と長く付き合えませんでした。一人の男性とお付き合いするよりも、大勢の男性の友人と遊んだりするほうが楽しいと思ってしまったのです。
20代の後半までお金を好きに使い、婚活に男遊びに散々な生活を送っていました。ふと気づくと周りの友人はみんな幸せな婚活をしていました。そのときの私は27歳でした。
ふと、これからの人生の不安が押し寄せてきました。このままでいいの?でもその頃の私はまあいっか、好きなことをして遊んでいるほうが幸せ〜いつかイケメン捕まえてやる!が口癖に。何か面白い事をしたいと考えていた私はマリンスポーツにも手を出し、ウェイクボードサークルに毎週参加し、全く知らない人たちと毎週のように海で遊ぶ生活になりました。クルーザーを所有しているゴージャスな友人たちとの船上での豪遊は本当に楽しく夢中になっていきました。そんなある日、サークルのトップが連れてきた男性がとってもイケメンで一目ぼれしてしまいました。その男性は2か月間だけキャプテンの会社に研修に来ている地方出身の人でした。私たちのサークルの女子にも好評でみんな彼を気に入り、自分よりも年下の女の子がたくさんアプローチしていました。私もいいなとは思ったものの年長者になっていたので自分からぐいぐい行くこともできず、大きくなってしまったサークルをまとめる立場になっていたので、彼をもてなすほうに徹しました。かっこいいなと思っていたのですが、彼はそのまま2か月の研修を終えて地方へ帰ってしまったので、そのまま連絡先も知らず終わってしまったのです。がしかし、彼はその後も地方から新幹線で私たちのチームに何回も遊びに来たのです。びっくりしました。その時に彼に連絡先をきき、イベントのお知らせメールをするようになり、そのうちにイベントに行くときには私が車で迎えに行き、いつしか個人的なメールをするようになり、彼からお付き合いしましょうと言われました。
とてもうれしかったのですが、チームのメンバーには内緒にしたいたのと、彼との距離がかなり離れていて遠距離でした。そのとき私は実家暮らしで遠距離恋愛だとどうしても親にばれてしまうと話をするとお付き合い10日目に親にあいさつに来てくれ、なんと婚活を考えてお付き合いしたいと言ってくれていたそうです。
それも、私がチームでいろいろとメンバーをまとめたり気を使ったりしている姿をみていたと。私の飾らない姿を好きになってくれた彼はその後すぐにプロポーズしてくれあれよあれよという間に婚活してしまいました。今婚活6年目、優しすぎる彼との間には二人のかわいい子供もうまれ毎日幸せです。
あの、すさんだ20代が自衛隊さんによって浄化されていったように今思います。愛されている幸せを感じることができたのは自衛隊様に出会ったからです。

 

あのとき自衛隊に出会っていなかったら私はいないと思います。

自衛隊婚活教室

マッチアラーム 口コミ | サクラ&業者を防ぐテクニック

残念ながら多くの出会い系サイト、恋活サイトにはサクラや業者がいますね。

私も多くのサービスを今までに使ってきました。ペアーズ、omiai、PCmax、マッチアラーム・・・あげればきりがないほど恋愛を売りにしたサービスがあります。

しかし、注意してほしいのは業者は確実にいます!!

それはサービス運営側が依頼しているわけではなくて、サービス内でビジネスをしている人たちがいるということです。

特に、有名なところでは『アムウェイ・ディストリビューター』です。彼らがよく目につくのはそれだけ会員数が多いからですね。

今回は彼ら&彼女らを見分けるテクニックを紹介したいと思います。

写真をよく見て!!

アムウェイでは出会い系サービスでネットワークを広げていくことは鉄板中の鉄板です!!

彼ら&彼女らはそこで出会った人に会員になってもらいたいという目的をもって近づいていきます。

ここで、注目してほしいところがあるんです。

同じアムウェイ会員同士がマッチングしても意味がないということ。

そのための目印があるってことです

それを写真にちらっと見せることで

この人もアムウェイか、意味ないじゃん

ということがわかるんですね。

代表的なものはエナジードリンクや健康食品の商品をチラ見せするんですね。

マッチアラーム

マッチアラーム

私が調査した出会い系、恋活系アプリではほぼすべてのサービスで同じような写り方をしている人たちがいました。

これさえ知っていれば、ビジネスをしようとしている業者を見分けることができます。

サクラ対策

そもそもなぜサクラが必要なのか?ということに対しての理解があればサクラがいないサービスを選ぶことができます。

サクラの必要性

サクラの主な目的は何かわかりますか?ポイントを消費させることです。

逆に言うと定額制の出会い系サイト&恋活アプリでは、サクラを雇う必要性はありません。

マッチングが成功したのにもかかわらず、男女が出会わなければ誰もサービスを継続的に使おうなんて気にもなりませんからね。

サービス運営側からしたら、みんなが長くサービスを使ってもらうためにもちゃんと出会ってもらわないとダメなんです。

これから恋活を始めようと思っている方にお勧めの定額制サービスを紹介しておくので、一度覗いてみてください。

最初は無料で使えて、気になったら1ヵ月から定額コースを初めてみてはいかがでしょうか?

定額料金が安い順にご紹介しています。

マッチアラーム
マッチアラーム

独自のマッチングシステムを採用している恋愛アプリ
すれちがいマッチ
朝マッチ

男性会員
1ヵ月プラン 2890円
3カ月プラン 2590円
6カ月プラン 2190円
12カ月 1640円

注意
上の表はクレジットの場合です。銀行振り込みになると割引率が低下します。

女性会員は無料で利用できます。
※年齢確認は必要

>>公式サイト<<

ペアーズ
pairs

利用者数が非常に多い恋活サイト

男性会員
1ヵ月プラン 2980円
3カ月プラン 2860円
6カ月プラン 2380円
12カ月 1898円

女性会員は無料で利用できます。
※年齢確認は必要

>>公式サイト<<

Omiai
検索

フェイスブックでも大流行中の恋活アプリ!!

Omiaiは出会い系サイトではなく、まじめな恋活がしたい人のためのアプリです

男性会員
1ヵ月プラン 3980円
3カ月プラン 3880円
6カ月プラン 3780円
12カ月 2780円

女性会員

10代 無料
20代 無料
30代以降 2780円

>>公式サイト<<

マッチアラームの口コミ
マッチアラームで出会えた
インターネットで出会いを求めようとして、何かないかと口コミを見ていたら、マッチアラームを見つけました。

マッチアラームはスマートフォンのアプリで、登録するのは無料だったのですぐに登録して見ました。

マッチアラームは毎朝一人の異性を紹介してくれるシステムだったので、人見知りをする私にも向いている方法でした。

毎日紹介してくれた人の中から良い人が見つかったので、その人にアプローチをすると良い反応をしてくれたので、それからはメッセージのやり取りをしました。

今までは日お見知りをしていたので、自分からは積極的にできなかったのですが、マッチングサービスを利用するので、引っ込み思案の私にも簡単に出会えたのが良かったです。
マッチアラームを使いすぐに出会えたのが良かったです
口コミを見てマッチアラームを始めました。

私は今まで色んなアプリを試してみたのですが、なぜか上手くいきませんでした。

そのときにマッチアラームの評判を聞いてアプリをダウンロードしたのですが、機械が苦手だった私にも登録をするのも簡単で、プロフィールも自分の写真を使ってすぐに作れました

マッチアラームの良いところは、GPSを使って近い人と出会えることです。

今までもアプリで良い人が見つかっても、遠くて実際には会えなかったということがあったのですが、マッチアラームでは近くの人がいたのですぐに意気投合をしたら会えました。

今まで出会うことは難しかったのですが、マッチアラームを使って気軽に出会えたので満足しています。
口コミで評判のマッチアラーム、ようやく彼女に出会えた♪
生まれてからこれまでずっと彼女がいない状態だったのですが、ネットの口コミで気になったマッチアラームに登録してみました。
毎朝8時に女性を紹介してもらえるシステムで、基本的に消極的なタイプの自分にはピッタリだと思いました。

「今日はどんな女性と出会えるのだろう?」と楽しみにもなっていましたが、なかなかマッチングには至りませんでした。
口コミのようには上手くいかないなぁと思い始めた頃、「自分と気が合いそうだな」と感じさせられる女性が紹介されました。

嬉しい事に彼女の方も気に入ってくれたようで、見事にマッチング成立となりました。

その後はメールや電話でやり取りを続け、マッチング成立した3週間後に初デートとなりました。

初めて会ったとは思えないほど話が盛り上がり、思い切って帰り際に告白したところ、交際OKの返事をしてもらいました。
ようやく出会えた彼女、交際半年が経ちますが、今は真剣に結婚も考えています。
真面目に付き合う相手に出会えました
できれば結婚まで視野に入れた真面目なおつきあいがしたいと思っていました。

けれど、とにかく回りに独身女性がいません。なので、運営会社がしっかりしていて口コミも良かった「マッチアラーム」に登録しました。自分としては、毎朝8時の「朝マッチ」より、いろいろな人が紹介してもらうる「すれちがい」の方がよかったです。

何人かの人とやりとりしましたが、最初は自分もうまく話せなくて、付き合うどころか、まったくダメでした。でも、あきらめずに続けて3ヶ月目くらいの時に、同じように口下手な女性と出会って、なぜかうまく話せるようになりました。

相手も同じだったようで、いまは楽しくチャットできています。今度初めて会うので楽しみにしています。この調子で続けていきたいと思っています。

集団的自衛権問題。自衛隊の階級闘争につかれた旦那

自衛隊は日本国が日本人が誇るべき職業だと思います。
集団的自衛権や海外派遣などの難しい問題も大事だとは思いますが、
正直まだ「ピン」きませんが、自国を守るという点では自衛隊は欠かすことが出来ない存在であることは明確だと思います。
なぜならば、日本という国は自然との戦いと共に今があると考えています。
阪神大震災、東北地震、近くは熊本の地震などの大きな天災が起こる度に、日々訓練をされた自衛隊員の皆さんが
存在しなければと思うと安心して生活できないからです。
自衛隊のイメージは、職業としては体力が必要なとても大変な仕事だと思います。そして国家公務員なので不景気な時代の時でも
安定した給与が頂けるので、民間で不況のあおりをまともに受けている人から見るとうらやましく感じる時もあるかもしれません。
自衛隊の階級については、防衛大学や東京大学出身の人はエリート路線に乗れるが、そうでなければ、そう簡単にはトップ近くに
昇りつめるのは難しいというイメージはあります。

実録レンジャー訓練 ~RANGER~

陸上自衛隊で最も過酷な訓練と言われるレンジャー訓練の様子を動画を見ながら解説していきたいと思います。
一番最初に出てくる隊員は一等陸佐という階級で、部隊でいうところでは連隊長クラス。
連隊長となると1000人近い隊員のトップに立つ男ということです。
ものすごーーーく偉い人。
これくらいの階級の隊員になると、出迎え等は専用のドライバー付きで送迎をしてもらえます。
左胸についているバッジがレンジャーバッジ。
実録レンジャー訓練 ~RANGER~

レンジャーの前半戦は基礎訓練という体力錬成メインの訓練です。
この訓練ではこれでもかというほど、体を苛め抜いて鍛えます。
腕立て伏せ
胴回し(腹筋みたいなやつ)
屈み跳躍(肩に銃をのせてのジャンピングスクワット)
これに加えてとにかく走ります。

この他にも動画であるように、技術を身に着ける期間でもあります。
ロープを使ってのロープ登坂、これは崖から崖へ移動する際に使用する山地潜入技術の一つです。
とても面白そうな訓練ですが、これめちゃくちゃ痛いです。
手のひらの皮はめくれるは、ひざ裏はあざだらけになるはでかなりきつい。
消防の人でレスキュー隊の人は似たような訓練をしているのを知っていますが、自衛隊と消防では目的が違います。
自衛隊では隠密に行動し、敵に近づくことを目的としています。

壁をけって下に降りていく技術は崖を降りるときに使用します。
これを懸垂降下と呼びます。
この訓練はロープ登坂とセットと思ってもらえれば良いです。
数人の隊員が懸垂降下をして、反対側に回りロープを崖から崖にかけるというシーンを想像してください。

動画の4分あたりから行動訓練に移ります。
最初に出てくるボートを使っての潜入が水路潜入です。

水路潜入でも隠密に行動をするためエンジンモーターの使用もしません。

困難な訓練状況を作るための工夫
眠らない
重い荷物を運搬する
任務をいくつも付与する

レンジャー隊員は眠らない
レンジャー訓練の後半行動訓練では驚くほどに眠らない、眠らせない
ものすごい思い荷物を持って山道を歩きます。
目標地点に着くまでひたすら歩いて進みます。
これは隠密に行動するために必要なこと。
車両による移動はものすごく目立ってしまうので、歩きます。ただひたすら。

重い荷物を運搬する
レンジャー訓練では背嚢がどれくらいの重さであるかを山に上がる前に測定します。
しかし、荷物は背嚢だけではありません。
武器も装具もつけていくので、その重量はびっくらぽん。

任務をいくつも付与する
一人では絶対に困難な任務量を与えられます。
それもすべて時間制限付きで、仲間と助け合わなければ達成困難な任務を付与することで、レンジャー訓練では追い込んでいきます。

動画の6分あたりではレンジャー助教(教官を助ける教官のような存在)がつかみにかかります。
実際のレンジャー訓練でも手を出してしまう助教がいます。
本当はいけないんですが、助教も過去にやられてきた隊員たちなので、ついつい指導に力が入ってしまうことがあります。

レンジャー帰還式
この動画はレンジャー訓練動画のために作られた動画だと思うので、レンジャー隊員はみんな正直きれいですが、実際の帰還式ではもっともっと汚い格好です。
そして、レンジャー帰還式はとても感動します。
見ている側でも涙を流してしまうほど。
そして、この時に一時原隊復帰を命ぜられます。

原隊に戻ったら部隊で一時祝賀祭のようなものをやります。
この時にはレンジャー隊員はもうお腹ペコペコ状態なので、お菓子屋やら焼き肉を振舞います。
本当にこの時は食べる食べる。
ものすごい勢いで食べます。

そして彼らに栄光のレンジャーバッジが与えられます。

自衛隊情報

このカテゴリーは簡単にいえば、自衛隊雑学を集めたものにしていきます。
自衛隊ってこんな時どうしているの?
自衛隊ってどういった武器や乗り物があるの?
自衛隊ってイベントをやってたりするけどどんなものがあるの?

といったちょっと自衛隊について調べたいのだけどよくわからない。
そのような情報をまとめていこうと思っています。

自衛隊員の給与を初めて知りました。安すぎます。

これはボーナス込みで税金、年金、保険は一切引かれていない金額です。
今まで自衛隊員の給与のことを考えたこともありませんでした。これを見ると2年間で税込1,400万円も行かない、年700万円以下です。危険手当などはないのでしょうか。
誰が考えても過酷な条件の中で訓練に励みいざとなれば命までもかけて活動するみなさんの待遇としては悪すぎるのではないでしょうか。
災害復旧に出動されている皆さんの活動ぶりをTVで始終拝見しますが、大概は一番危険な場所で黙々と作業されています。どれほどありがたいことでしょうか。
訓練の様子も拝見しましたがちょっとのミスが命に係わります。
機雷除去なども日本は世界1位の技術だそうですがこれなども国土を守り、国民の人命を守る意志が強固であるから出来る作業でそれを行う人たちの待遇としては、
もっと良くしなければいけないと強く感じます。

そのためには国民が自衛隊の存在を強く認識し感謝と敬意を持たなければいけないと思います。
国土を守り国民の人命を守るために自衛隊の人達がどれほどの過酷な訓練に耐え、士気を維持しているかを我々はもっと知る必要があります。
危機は突然やってきます。それから準備しても遅いのです。世界には領土拡張に走る国や指導層が何を考えているか誰にも理解できない国もあります。
それの危機に対処するために自衛隊はあります。
その自衛隊の皆さんに感謝し応援することが国民の義務ではないでしょうか。
法制を整備し活動しやすくしたり待遇を改善することが強く求められます。最近は少しだけ良い方向も見えてきましたがまだまだです。
我々は援助を惜しまず自衛隊員の皆さんの士気の向上に協力しましょう。
自衛隊は日本の領土と国民の命を守っていてくださいます。自衛隊の皆さんに感謝と敬意を表しましょう。
自衛隊の皆さんは日頃過酷な訓練と活動によって大切な日本の領土・領海と国民の命を守っていてくださいます。
世界には領土拡張主義の国や指導者が何を考えているかわからない不可解な国があります。テロもやむことなく続いています。
そのような中、日本は自衛隊の皆さんがいて下さるから我々は安心して生活していられるのです。
災害時にも日頃訓練を続けている自衛隊の皆さんだからこそ危険な場所まで人命救助に行かれるのです。

一国平和主義や言葉の遊びのごとく話し合いによる紛争の解決を言い続けている人もいますが、インド洋の海賊が話し合いに応じるでしょうか。
自衛隊は機雷の掃射技術において世界1であり世界に貢献しております。その自衛隊の皆さんが活動しやすいように法整備も少しづつながら良い方向に向いてきました。
危機は突然やってきます。予告などありません。危機が起こってから会議を開いても遅いのです。
自衛隊が日頃から過酷な訓練をしているのはいざその時のためです。
国民は自衛隊の皆さんに尊敬と援助をすることが、自衛隊員さんの士気の向上に寄与すると思うのです。

自衛隊の人間はもし国民の賛同を得ることが出来なければ士気が下がるなんていうことがあってはイケませんね。

自衛隊の旦那との出会いは婚活でした

私の自衛隊の旦那はとっても優しい人です。 顔も体型も平凡、これといった特徴のない私をいつも可愛いと言ってくれます。 自衛隊の旦那との出会いはすばりナンパでした。 私はその時、周囲に可愛いと評判でかなりモテる女友達と二人でいました。 だけど自衛隊の旦那は、友達ではなく私に声をかけてくれたんです。 その瞬間が衝撃的で今も忘れられません。 ただ、本当に普通のナンパだったので最初は私も警戒しました。 怪しい人だったら嫌だなと思い、さりげなく避けていました。 だけど自衛隊の旦那は嫌な言葉は全く言わなくて、もし少しでも話したいと思ってくれたら連絡して、とメモだけ渡してくれました。 私はしばらくはそのメモのことを忘れていたけれど、残業で疲れて帰ってきたとき、ふと思い出しました。 金曜の夜で、次の日は休み。 何となく早く寝たくなくて、自衛隊の旦那にメールを送りました。 かなり遅い時間でしたが、私を労うような温かい返信メールがきました。 私は凄く癒されて、それから何度か連絡を取ったり、デートをしたりするようになりました。 その度に優しい言葉をかけてくれた自衛隊の旦那。 私が実家の母と大喧嘩したときも、私が悪いと分かっていても常に味方でいてくれました。 そしてごく自然な形で結婚することに。 夫婦になった今も、付き合っていた頃とかわらず私を支えてくれます。 結婚当初、料理が下手で不味い夕飯を作ってしまったときも、残さず食べてくれました。 初産で陣痛にたえられず泣き叫んだときも、何時間でもそっと背中を撫でてくれました。 子育てて疲れて自暴自棄になったときも、黙ってそばにいてくれました。 他にも自衛隊の旦那が私にしてくれたことはたくさんあります。 そしてその全てに優しい自衛隊の旦那の愛情を感じました。 もう結婚して10年以上が過ぎ、私はとても可愛いとは言えない年頃です。 顔も体型も衰えてきたなと自覚しています。 けれど自衛隊の旦那は私のことを今も変わらず可愛いといい、支えてくれます。 いくつになってもこんな風に甘やかしてくれる自衛隊の旦那が大好きです。

あの時にちゃんと親の言うとおりに自衛隊との婚活をしてよかったと思います。

自衛隊の階級について

自衛隊は上から下りてきた命令には必ず従わなければなりません。
どうしてかというと、戦争などの有事の際には部隊で行動することが求められるのですが、有事は普通の状態ではありません。それこそ、中には精神に異常をきたしてしまう人が出てくる可能性があります。
なので普段の部隊運営からしっかりと命令がどのように下りていくかということを明示しておくのです。

では誰から誰に命令が下りていくかというのがわかりづらかったら行動をしにくいですね。
そこのところをはっきりと示すために、階級というものが存在すると思ってください。

自衛隊に入って感じたことですが、だいたいが陸士長か三等陸曹です。
この階級を持っている人が全体的に多いように感じます。

では階級の種類を紹介します。

陸士
二等陸士、一等陸士、陸士長

陸曹
三等陸曹、二等陸曹、一等陸曹、陸曹長

尉官
准尉、三等陸尉、二等陸尉、一等陸尉

佐官
三等陸佐、二等陸佐、一等陸佐

将官
陸将補、陸将

になります。

下に行けば行くほど、お偉いわけですね。
准尉に関しては退職前の自衛官の名誉職のようなポジションです。
しっかりと仕事をしていた人なら退職時にはこの階級になっていることでしょう。
そうでなければ、大体の人が陸曹長という階級で退職します。

陸士とは簡単にいえば、自衛隊のアルバイトのようなポジションです。
陸曹にならなければ、一生自衛隊にいることができないので、生涯自衛隊で食べていこうという人は陸曹候補生試験の合格を目指して勉強します。

三等陸曹は新卒社員のようなものです。
ここからやっと自衛隊として食べていくという感じですね。

尉官、佐官、将官は幹部職というものです。
大学を卒業して、一般幹部候補生として入隊したものなら、教育隊を卒業したと同時に三等陸尉となります。
三等陸尉は小隊長をする階級です。
なので、25くらいの若者でも55歳の定年前の隊員を部下に持つこともあるということです。
実際はそのような幹部になりたての若手幹部は曹長クラスにはバカにされたりしていますが、、、

といっても自衛隊は階級社会なので、階級が上の者には絶対に従わなければならないのです。

もっと詳しくまとめてもらいました。

自衛隊の医師養成大学:防衛医大

「自衛隊には様々な職種があると思うが、医師という仕事もある。

この仕事に就くのが防衛医大出身の医師だ。

では防衛医大に入学を希望する医師の多くが自衛隊の医者になりたいのだろうか?

実はそうではない。防衛医大に入る学生の多くは「仕方なし」なのである。

何が「仕方なし」なのかと言えば、防衛医大は他の大学と別日程で受験が出来るために、滑り止めとして使われるのだ。

また、高額な授業料のかかる私立の医学部と違い、授業料は要らないばかりか、給与まででるのである。

そんな甘い話もあるので学力や経済的に一般的な医学部に進学出来ない学生にとっては救いのような医学校である。

しかし実際は卒後9年間は自衛隊に身分を縛られる為に医師としての働き方には制限が出来てしまうのも事実である。

そうはいっても他の一般の自衛官とは比べ物にならないくらいに医官としての身分は高いので、昨今の社会情勢から言えば、高校生にとって魅力ある医学校と言えるかもしれない。」

自衛隊側としては国防意識に燃えている人ばかりが必要な訳ではないと思います。現に下っ端だろうが、幹部だろうが自衛隊にはここしかはいれるところがなかったんじゃないだろうか?と思ってしまうほど、無気力、怠惰、やる気がない人間が多いです。

そのような人間が多くいるのが自衛隊という組織です。

でもそうはいっても有事の際はしっかりとそのような方でも仕事をこなしてくれます。それは災害派遣時に確認しました。

それはなぜかというと、それくらい自衛隊が誇る教育制度が優れているのだと思っています。

どんなちゃらんぽらんな人間でも組織の駒として十分な働きが出来るレベルまでその能力を上げることが出来るというのは自衛隊が持つ最も優れた能力の一つだと思っています。
光と影
「最近の自衛隊の活動と言えば、東日本大震災や火山が噴火した際の救助活動を思い出します。
活躍はめまぐるしく被災者の方からすれば、本当にありがたい存在だったと思います。
直接的な救助はもちろん、間接的な物資支援などもやっていると考えると、自衛隊がなければ復興は今よりもっと遅れていたし、火山には未だに被災者の方が取り残されていたと思います。

首相が憲法9条の解釈を変えたりといったこともありました。集団的自衛権がどういった風にとらえるかの議論も巻き起こり、国民の中でも不安に思う人もいたと思います。
解釈は曖昧でよくわからない人も多いのでは?と思います。

このように日本の光と影の両方を担っているのが、自衛隊という職業だと思います。自分も自衛隊の友人がいますが、毎日訓練で忙しそうです。慣れれば大丈夫と言っていましたが、それまでが大変だろうなと感心して話を聞いています。
憲法の解釈のことを聞いてみたりしたのですが、そんなに気にしていないとのことです。
現場で働く自衛隊員の方はとても冷静なことが日本の救いだと思います。」

自衛官は外からの一般人に政治的な軍事意見を求められても応えてはいけないという風に教えられているので、もしかしたらその友人は単に応えなかっただけでなにか考えがあったかもしれませんね。

憲法9条というものがある限り、日本は戦争をしないと考えているのは自衛隊員もそうですし、日本国民も同じだと思います。なので、私はきっと戦争なんて起きないだろうなという悠々とした気持ちで在職間は過ごしていました。

おそらくみんなそんな感じじゃないでしょうか?

そのように政治的な思惑を考えるのは連隊長クラスくらいからではないでしょうか?中隊長でもきっと考えていないと思います。自衛隊内部も結構平和ぼけしているなと今感じました。

自衛隊のお便り募集

このカテゴリーでは自衛隊に関する感想を募集してそれについて私が一言コメントを添えて紹介しています。
もし、このサイトを見てもらって私もなにか質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、ぜひドシドシと質問してもらえればそれに対して私が回答していこうと思っています。
下のメールアドレスに対してどんどん質問を送って下さい。
質問の内容に関してはこのカテゴリーの記事を見てもらえばわかるように紹介するので、ココに掲載するということを念頭に置いて質問をメールにて送って下さい。
メールはそれほど頻繁に見ているわけではないので回答が遅くなってしまうかもしれませんがご了承下さい。